マトリックス4D上映決定!気になる内容は!?

スポンサーリンク

こんにちは!今回は筆者が好きな一つの映画でもある「マトリックス」について,4Dでの上映が決まったとのことで触れていきたいと思います!

スポンサーリンク

1.映画マトリックスとは?

1999年(なんと今から20年前!)に公開されたSF映画。派手なカンフー要素を取り入れた魅力的なアクションや,当時では最高の技術のCGを使ったシーンなどを存分にとりいれた映画です。舞台は「機械が支配している’’未来’’」「仮想現実」です。

有名な主人公ネオの,銃弾の弾をよけるシーン(当時はかなりこれが流行っていました(笑))など,目を奪われるようなアクションも面白いですが,一方で人間と機械との共存に悩む葛藤,「現実」とはなんなのか?,「運命」とはすでに決まり切っているものなのか?という人間の内面をテーマにしているという部分も考えてみるとまた違った映画としても楽しめるのではないかと思います。

マトリックスの続編として

「マトリックスリローデッド」

「マトリックスレボリューションズ」

というのもあり,順にみていくことで三部作での完結となっております。正直,二作目の「リローデッド」をみるとここから話自体が深くなっていくので見る人によっては「なるほど,だからそうなっていくのか!」とおもう人もいれば「うーん一回みただけでは分からない!」というひともいるでしょう。(筆者自身は20年前はかなり若かったので,アクションシーンしか楽しめませんでした(笑))

ということなので,繰り返しみることでまた別の視点でみる事ができるため,何回も楽しませてくれる映画であるとも言えます!

 

2.主な登場人物

ネオ/トーマス・A・アンダーソン(キアヌリーブス演)

物語の主人公。普段はコンピューター会社の社員で成績優秀で近所のゴミ出しを手伝うほどの好青年。しかし裏の顔は「ネオ」という名で暗躍するハッカーでもあった。モーフィアスと出会い,現実世界へと覚醒し,様々な出来事とともに自身が成長していく。

トリニティ(キャリーアンモス演)

物語のヒロイン。ネブカドネザル号の副船長。クールビューティーな一面を持つがストーリーが進むにつれて,主人公ネオに恋心をもつ。(かっこいい女性とはまさにこのこと!)

モーフィアス(ローレンスフィッシュバーン演)

ストーリーの,そしてネオにとってのキーパーソンの1人。丸坊主。だが威厳がある。ネブカドネザル号の船長。ネオのことを機械に支配された‘‘現実世界‘‘を救う「救世主」と信じて,何年も探しておりついに発見した。ネブカドネザルの船員からも父親のように慕われていて,人望が厚い。

エージェント・スミス(ヒューゴウィービング演)

仮想現実世界(マトリックス)内でのプログラムの一つのエージェント(ウイルスバスターみたいなもの)の1人でリーダー的存在。エージェント内で唯一はげている。タモリさんに似ている。ネオのことを主要キャラクターの中で唯一「アンダぁぁぁーソンクゥゥゥゥ―――ン!」(個人的に好きな部分)と呼んでいる。プログラムのくせに「このプラグで繋がれた世界から自由になりたい」と発言したりネオのことを酷く憎んでいたりと人間臭い一面がある。ネオにゴムゴムのガトリングの腕が伸びないバージョンを食らわせたりする。

3.見どころ

初見であればアクションシーン,何回も見たというかたはストーリーのテーマを考えてみるのがよいかなと思います。具体的にはモーフィアス救出の際の銃での撃ちあい,「預言者」の言葉の意味なんかがそうですね。終盤のネオVSスミスも必見です!

4.今回4D上映に関して

2019年9月6日より二週間限定で公開されるようです。現代版でよりリアルに臨場感を味わえるマトリックスはまさに4Dにうってつけともいえる作品だと思います!

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?あわよくば個人的には今後「リローデッド」「レボリューションズ」の4Dや,続編のマトリックス4がでてくればいいかなと思います。

まず一度,見たことある人ない人関わらず,劇場に足を運んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました