【一匹狼】人狼ジャッジメント役職解説

人狼陣営

今回は一匹狼です!

人狼陣営が誰かを把握できますが,人狼チャットに参加できないという不思議な役職です。

分かりやすくイメージするならば,ちょっと強い狂信者という感じです(笑)

あと,人狼陣営の把握が「一部のみ」か「全範囲」という屋敷の設定の違いで立ち回りや強さも変わります(「一部のみ」という設定が屋敷全体としては多いですがね(笑))

一匹狼個人で動くか,はたまた人狼チャットの人に合わせて動くかで戦略も変わるのでなかなか面白いです!

それでは解説にはいります!

 

スポンサーリンク

能力

~一匹狼~

陣営:人狼陣営

勝利条件:「市民」の数が人狼の数以下になった時

夜のアクション:襲撃対象を1人選んで殺すことができる

陣営カウント:人狼として数える

襲撃結果:襲撃されない

占い結果:人狼である

霊能結果:人狼である

人狼チャット参加できない

特殊能力人狼陣営の把握
人狼チャットには参加できないが,誰が人狼陣営なのかをゲーム開始から知ることができる。
屋敷の設定で
「一部のみ」 → 誰が狼か+ささやく狂人を把握できる
「全範囲」 → ”人狼陣営”の人全員を把握できる
を設定できる

 

クリス
クリス

人狼陣営が全員分かる「全範囲」の設定はメチャクチャ強いぞ!

 

立ち回り

クリス
クリス

人狼側の”捨て駒”から”裏ボス的役割”まで幅広いぞ。

立ち回りは
占い師,霊能者,賢者 CO ,または 潜伏で!!

はじめに言っておくと,一匹狼は扱うには難易度高めなので初心者にはオススメできません(笑)

全体的なコツとしては,いかに赤チャット人狼側に自分が一匹狼であることを伝えて連係を取っていくことが重要になります。

それでは詳しく解説します!

占い師,賢者COでいく

クリス
クリス

難易度高めだ!!

 

 

先に結論から言うと,この立ち回りはあまりおススメできません(笑)
なぜかというと,だいたいの部屋の役職配置的に

アンナ
アンナ

占いCO!

エマ
エマ

占いCO!

 

ショーン
ショーン

占いCO!

という風に当たり前ですが真占い,赤チャット陣営,一匹狼の3人COになります。

こうなると,3人中2人は偽物なのでローラー作戦で吊られてしまう可能性が高くなります。賢者,霊能者の場合も同じですね!

という訳で,

俺は会話力で真を取れる自信がある!

という人以外はおとなしく隠れていましょう。しかしながら,真をとれた時はメチャクチャ狼陣営は強いですよ!

 

付け足して,「全範囲」設定の場合は,オオカミの位置+サイコ,黒猫,狼少年,ささやく狂人といった狼ではない人狼陣営まで把握できるので,この時は賢者COででるのがいいですね。

狼以外の人狼陣営に「身内切り」という作戦が使えますので。

 

 

 

 

 

 

潜伏でいく

クリス
クリス

こっちが普通だな。

潜伏でいく方が普通ですね(笑)おそらく人狼上級者でもこちらの方が多いです。

 

潜伏の場合は基本的に人狼が潜伏する場合と立ち回りは同じです。

が,せっかく人狼を把握しているのにその能力を使わないのはもったいない。

という潜伏しながら「人狼にこっそりと一匹狼アピールをする」方針でいきましょう。

人狼が気づいてくれれば連携も取りやすくなります!

じゃあ,どうすれば気づいてもらえるか。次に紹介したいと思います。

 

人狼陣営に一匹狼をアピールする手段

いろいろありますが,やはり人狼の意見に賛成!というニュアンスを会話にいれるやり方が一番だと思います。

例えば,

狼

○○は怪しいけど,△△はきちんと考えているから白かな

アイケン
一匹狼

うーん,難しいけどそうかもしれないね!

アイケン
一匹狼

その可能性は高いかもしれないね!

アイケン

なんとなく,そうなのかもね!

 

 

という感じです。

また,人狼の人に対して,

アイケン
一匹狼

○○(狼)は黒ではないと思う!

と言ってみるのもアリです。

あくまでも,会話の一部分にばれないように入れることを心がけることが大事です。

 

クリス
クリス

あんまりやりすぎると,バレた時,大ダメージ食らうから注意な!

 

 

 

 

NG行為

やってはいけないこととしては,人狼の人ばかりに絡むことです。

よく初心者なんかで人狼の位置が分かることにイキってやってしまう人が多いので気を付けましょう。

まとめ

一匹狼は人狼ジャッジメントでの経験値がモノを言う役職ですので,そういう意味では難しいです。

が,慣れると割とおもしろい役職でもあるので,自分なりに一匹狼について研究してみて下さい!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました