ゲームに勝ってみよう!(初期設定9人部屋編)その1

人狼ジャッジメント 初心者
スポンサーリンク

今回は,初期設定にもなっている

「市民3・占い師1・霊能者1・狩人1・人狼2・狂人1」

の9人部屋での基本的な動き方とついて解説していきたいと思います。と,

ソ・ノ・マ・エ・ニ!

初心者や,まだ慣れていない人は一回下のリンクページにいくのをおススメしますよ!「市民陣営」「人狼陣営」関係なく抑えておくポイントがかいてあります!

人狼J④人狼ジャッジメント基本立ち回り(初心者向け)

スポンサーリンク

1.役職解説(さらっと軽めに)

ホントにさらっとです(笑)

市民:特に能力なし。

 

占い師:夜のアクションで1人を人狼かどうかみることができる。

 

霊能者:夜のアクションで処刑された者が人狼かどうかをみることができる(ルール上能力発動は2日目の夜以降)。

 

狩人:夜のアクションで1人を人狼の襲撃から守ることができる。

 

人狼:夜のアクションで人狼ではない人を襲撃できる。人狼同士は互いに誰が人狼かを認識でき,「人狼チャット」で仲間の人狼と会話ができる。

 

狂人:特に能力なし。

 

参照;https://help.sorairo.jp/werewolf-judgment/beginner.html#m03

もっと詳しく知りたい!という方はコチラ↓

市民  占い師  霊能者  狩人    人狼  狂人

 

 

 

2.市民陣営の動きPart1

市民編

市民は積極的に発言していきましょう。どんどんと発言を増やすことで,進行役の人の信頼を得ることが出来,指定されにくくなります。

また,しっかりとした発言をすることによって周りからも信頼を得て,占い師から占われにくくなって占い師が人狼を当てる確率をあげる事につながります。

 

 

とはいっても,市民陣営のなかでは生存重要度としては一番重要度が低いので,

適確な推理を行って人狼側から邪魔な存在として襲撃されるよう仕向けたり,狩人っぽいような人が処刑されそうになった場合は進んで自分が処刑されにいくようなこともありです。

 

 

基本的には役職者の盾となり、市民陣営の勝利のため、処刑されることもいとわない心構えが必要となる。
人狼ジャッジメント初めての方へ~人狼ジャッジメントの遊び方~から引用

 

 

ので,能力がないからこそ以外と重要な役職でもあるのです。

 

また,自分でハッキリ「市民です」と言うのは控えたほうがよいです。人狼が狙うのは基本潜伏している「狩人」なので狩人の潜伏先が狭くなってしまうことにつながってしまいます。

 

占い師編

占い師は進行の信頼を勝ち取る動きをしてください!

 

具体的には,結果を伝える際に占いの結果をただ伝えるのではなくて,占い理由を付け足して結果を言ってみましょう!(初日ランダム白以外の時)

 

まず,2日目の初手のターンでは必ずCOして下さい。そこから始まります。(COをしない潜伏行為は利敵行為となるのでやめておきましょう)

占い師は必ず対抗がでますから,こちらも進行に対してのアピール合戦です

。偽物は嘘をつかなければならないので占い理由を考える暇までは基本ありません。(慣れている人は除く)

ということで「占い理由」を結果とともに付け足すことによって,進行の信頼を勝ち取りやすくなります。

信頼を勝ち取れば人狼を見つけた時に,その人を処刑してもらいやすくなるので対抗の偽の占い師に負けないようにしましょう。

霊能者編

霊能者はとにかくフィルターを使ってください!

 

霊能者は処刑された人の人狼かどうかの色をみることによって,生き残っている人狼の数を把握する占い師の真偽をつけるのが仕事ですが,この役職配置では「進行」になる可能性が高いです。(人狼が対抗にでることもたまにはありますが,,,)

 

となると処刑する人を選ぶ決定権をもつことになるので,勝ち負けを左右することになります。

ということで,霊能結果はもちろんのこと,フィルターを使って怪しい人をメチャクチャ探してください!

 

 

霊能者も占い師と同様に初手COはしておきましょう。

この部屋では人狼陣営は3人と霊能者騙りにくるには少ない人数なので,ほぼ霊能者真となる確率は高いです。

3.終わりに

ちょっと字数の関係で「狩人」「人狼」「狂人」については次回の記事でかかさせていただきます。すみません。

今回あげたのも1例となるので,「どうしたら進行の信頼を得られるのか?」など実践を通じて自分なりにも研究してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました