人狼ジャッジメントの始め方(初心者向け)

人狼ジャッジメント 初心者

こんにちは,アイケンです。

今回は前回話した人狼J(ここからはこの形で省略させて下さい笑)の始め方について話していきたいと思います。

サクサク設定して始めちゃいましょう!

スポンサーリンク

1,アプリダウンロード→設定

最初に,人狼JはスマホでもPCでも遊べます!が個人的にはお手軽さという観点でスマホ版から始めることをお勧めします。

手順としては

①AppStoreまたはGooglePlayストアから「人狼ジャッジメント」と検索。

(注)ここからはデータ使用量が大きくなるためWi-Fiにつないだ状態でのダウンロードをおススメします!

②でてきたらアプリをダウンロード。

③アプリを開くと「始める前に」とでるので「はい(同意)」を押し,次の画面では「不正していません」を押す。

④「DATE DOWNPOAD」とでたら終わるまで待つ。(だいたい3分ぐらい。もっと速いかも。カップラーメンでも作っておきましょう笑)

⑤終わったらスタート画面がでてくるので,下の「設定」ボタンから自分の名前やアイコンを設定してみましょう。

2,屋敷の設定

①タイトル画面から「START」→「オンライン対戦」→「全国対戦」と進みます。途中ちょこちょこ画面が出てきますが全て「OK」で大丈夫です。

②進みましたら結構ボタンの多い画面にでますが,下の「マイルール」→「編集」で進みます。

③でてきた最初の画面の上部に,「全て」「市民」「狼」「その他」と出ますが,ここは飛ばして右下の「次へ」を押してください。

④ここが大事になってきます。「屋敷の設定を行ってください」と画面上部に表示され,屋敷の設定をしていきます。

まずは上から3番目の「募集するプレイヤー」のところを「初心者に,そこから2つ下の「役職希望」のところを「あり」に,さらにそこから10個下の時短・延長成立人数」を「過半数」にします。

⑤以上変更を終えたら右下の「保存」を押してください。そうするとはじめの「マイルール」のボタンがある画面に戻ります。

以上で基本的な設定は終わりです。

3,人狼Jに参加してみよう!

最初に入る屋敷ですが「市民3,占い師1,霊能者1,狩人1,人狼2狂人1」の部屋を選んで下さい。なぜならば,この役職の組み合わせが一番の「基本」となるからです。

いよいよゲームに参加していきます。が,

初心者の方は最初は「観戦」もしくは「市民」から始めてください!

「いやいや『占い師』とか『人狼』をやってみたい!」と思う人もいるかもしれませんが,これらの役職というのは市民より結構重要度が高いので,ある程度慣れてきたらの段階でやって下さい。

役職の能力の確認をコチラの方でやっておいてください!

1,観戦の仕方

先ほどの「マイルール」ボタンのある画面から上部に「全て」「受付中」「観戦」とありますが,観戦ではなく受付中を押してください。

そこから「市民3,占い師1,霊能者1,狩人1,人狼2,狂人1」かつ募集プレイヤーが「初心者歓迎」となっている部屋に入室して下さい。人数が1人か2人集まっているところをおススメします。

入りましたら,「観戦」を押して「退室」しないようにゲームが始まるまで待機していて下さい。

ゲームが始まりましたら,人狼特有の用語とか流れを確認していきましょう。

2,市民での参加の仕方

上の「観戦の仕方」入室までは同じなので,参考にしてください。

「入室」しましたら,キャラクターを選択します。一例ですが,ロディを選んだなら,「ロディ」エマを選んだなら「エマ」とそのゲーム内では呼ばれるので注意しましょう。(キャラクターはなんでもいいんですが,ネタ枠でゲイルという強烈なやつがいるので確認してみましょう笑)

最後に役職希望を「市民」にしてゲームが始まるまで待ちます。

もう本格的にやってみたいという方は↓

ゲームに勝ってみよう!(初期設定9人部屋編)その1

4,最後に

どうでしょうか? 設定は上手くいきましたでしょうか?

うまくいかなかった方は他のサイトも参考にしながら進めてもよいと思いますよ!

いよいよここから始めていきますが,ここからは「慣れ」と「知識」を積み重ねていきます。いきなりもう始めてもらっても結構ですが,次回の記事に基本的な流れや,基本用語の解説などを紹介していきます。そちらの方を見てから,始めてもよいと思いますよ!

それでは!

ゲームに勝ってみよう!(初期設定9人部屋編)その1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人狼ジャッジメント 初心者
アイケンをフォローする
人狼ジャッジメントガチまとめ~広く,深く攻略~
タイトルとURLをコピーしました